Youtubeアフィリエイト VS 物販ビジネス どっちが稼げるの?

566
Pocket

ども!こんばんは。ショーゴです。

今日から日々のビジネス生活に

「散歩」

を取り入れてみるようにしました。

最近全然運動をしていなかったのが影響してか、
イマイチ集中力が続かない気がしていて、
なんとかしきゃなーと思っていたんですよ。

それで、今日朝一で散歩してみたら、
あいにくの雨ではありましたが、新鮮な空気を吸って、
すごくリラックスできたんですね。

その後、仕事を始めたらすごく集中できました。

これは、自分の仕事に取り入れるべきだと
思って、昼も散歩に行ってきました。

またこのブログ書いたら夜も行ってこようかな(笑)

常にどうすれば自分がいい状態で仕事に望めるかを
追及していますが、これは続けてみようと思っています♪

さてさて、
本日は、YoutubeアドセンスVS物販ビジネスどちらが稼げる?
についてご回答します。

YoutubeアドセンスVS物販ビジネスどちらが稼げる?

副業、専業問わず、
初心者が稼ぎやすいネットビジネスというものが存在します。

そんな中で取っかかりやすいものとしてよく言われるのが、
物販ビジネス

例えば、せどり(国内転売)であったり、
輸出入ビジネス。

それから、ブログアフィリエイトや、Youtubeアフィリエイトなどの
ネットオンリーで完結するビジネス

これらが初心者が取っかかりやすいビジネスと言われています。

僕自身のネットビジネス歴で言うと、
スタートは、物販ビジネスの中の、輸出ビジネス、

Amazon輸出からスタートしました。

利益で言うと、4ヶ月で80万円

Amazon輸出も含めた物販ビジネスは、非常に固いビジネスで、
収益システムも非常にシンプルです。

具体的に言えば、ひとつの商品が売れたらこのくらいの利益と予測がたつために
あとはそれを繰り返せばこのくらいの収入になるなと
筋道が立てやすいんですね。

これが物を媒介としているからのメリット。

逆にデメリットは、物を媒介しているが故に、
レバレッジが利きにくい

つまり、売ったものは、梱包して発送しなければならないので、
物量がかかってくるし、やった分しか儲からないんですよね。

この作業感を前に自分は他のビジネスはないかと
探すようになりました。

では、Youtubeアフィリエイトはどうか?

まずデメリットから述べますと、物を媒介していないがゆえに、
収益予測が非常につきにくいです。

例えば、ひとつのチャンネルを立ち上げて、
それに動画を投稿していくのですが、
まず、動画を投稿していっても、
そのチャンネルが当たるかどうかがわからないですよね。

わからないけど当たることを信じてまず続けてみる。
それができるか?というのが求められます。

ま、当たらなければ、その経験を元に
また新たなチャンネルを立ち上げればいいんですけどね。

それで、メリットとしては、
一度当たると同じ労力で収益がとんでもなく伸びます。

つまりレバレッジが効くんですね。

私自身の報酬は、以前にも書いていますが、

9月 3万
10月 4万
11月 3万
12月 14万
1月 21万
2月 23万
3月 63万

と推移しています。
これらは作業時間は同じです。

いや、むしろ収入が上がるにつれ作業時間は減っています。

これはYoutubeのアルゴリズム上、動画の数を減らしたほうが
再生数が増えるということがわかったためです。
(いつかのタイミングでこちらもお話します)

僕自身は、このレバレッジを求めてアフィリエイトの世界に飛び込んでみたんですね。

しかも、外注化をしてさらに作業時間は短縮しています。

外注化についても、物販ビジネスよりもYoutubeアフィリエイトの方が
遥かにやりやすいです。

ここもレバレッジのポイントですね。

私は、さらにレバレッジを効かせていこうと複数チャンネルを持つことと、
この知識を元に情報発信にも力をいれていこうと考えています。

Youtubeアフィリエイトはレバレッジが最高に効くので
副業にはとてもいいと思いますし、
中長期的に専業でも全然いけるビジネスですね。

それが僕が主軸を物販からYoutubeへ移行した理由です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

さらに詳しい内容は下記メルマガでお伝えしていきます!
無料ですのでお気軽にご登録ください!

http://cj3frm.jp/wuE/fr/hrrd/BCV4Xx

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ